劇団員の育休〜子こそ最大の稽古相手だよ〜

我こそ、魚次郎の雅ちゃんだ。

我こそ、大きいヤギのがらがらどんだ。

我こそ、もんもんびゃっこだ。

我こそ、ニャン太郎だ。

…どうも、山口です!

忘れ去られる前に、自分の役名あげてみました。

みなさん、どこかでご覧になっていますでしょうか?

なんとなーくでも記憶の片隅に居たら有難いです。

コロナが蔓延りはじめた2020年に妊娠発覚、感染のリスクも考え、劇団の活動を自粛。

12月に子をこの世に送り出したわけですが、なおも続くコロナ禍ゆえ、産休and育休中の山口がお送りします!!(長い)



さて、本題にはいります。

稽古を休んでいるとはいえ、なにか表現を試したくてウズウズするのが役者というもの。

ましてや、チビゲキ出演率第1位(自称)をキープしている山口が、目の前の子に対し、何にもしないなんてことがあるだろうか、いやない!!(かっこいいから反語使ってみた)

ということで。

実験してみました。

通常「いないいないばあ」はどうやりますか?おそらく、想像するに、目を手で隠して…ぱっと開くのを想像するのではないでしょうか。

役者ならば、手で隠さず勝負だ!!!

…つまり、何が言いたいかというと。

子どもは素直に受け止めて、素直に反応を返してくれるので、そもそもテキトーに相手してると見てくれませんし、反応も返ってきません。

第一に注目してもらうこと。たとえば、声かけですね。「いないいない」と注目してもらうとか。もう一つの方法は、ひたすら待つこと!!



自分のことを見てるよ、と認識とれるまで子を観察します。




第二にどちらにも変化できる状態、

自分の表情をフラット(ニュートラルといういい方もあるかと)にします。



いないいないばあの真髄は「変化」にあります。

子は確実に起こる変化に対して期待してます。

いないいないばあならば、手を退けたあとの表情、目を見て笑うのです。




第三に表現として『出す』こと。



「ばあ」ですね。




ただ難しいのは、やりすぎるとびっくりして泣きます!


偉そうに書いてみましたが、私も成功したりしなかったりします。



それは子ども側のテンションにもよります