夏休み子ども向け演劇ワークショップ9回目


みなさん、こんにちは。

劇団員の鈴木潤です。


9月も半ばを過ぎました。

台風が近づき、ジメジメした気候が続きますね。


劇団サードクォーターの活動としては、7月の下旬に始まった宮原コミュニティセンターでの子ども向け演劇ワークショップが終了となりました。

今回はワークショップ9回目(最終稽古)の様子をお届けします。


最終稽古となった8/27(土)のワークショップ9回目。

本番前日ということで、稽古前から音響さん・照明さんの仕込みが入ります。

一部機材が準備された状態で稽古が始まります。


いつもの体操・ダンスから入り、作品を始まりから最後までを繋げる通し稽古を繰り返します。

先週(8/20・21)は諸事情でリモートでの参加だった座長と久しぶりに会えた安心からか、最初は、先週の通し稽古のような力強さが感じられませんでしたが、繰り返すうちにみんな、段々と調子が戻ってきました。

本番で使用する機材が入ったことで分かることも。

舞台へ向けて設置されたマイクに音(声)を拾ってもらうために、相手に向かうだけでなく、正面に少し体を向ける意識が大切になるなど

緞帳が上がるのを体験したりなど

今までの「相手へ届ける・伝える」意識に加え、「人に見せる」意識も稽古に盛り込まれていきました。


本番前日ということもあり、本番に備えて稽古は早めに終わりました。


子どもたちが帰ったあとも、音響・照明は調整が行われます。


ずっと野外での公演が続いていた劇団員たちも、なつかしい雰囲気にテンションが上がりました。


子どもたちの代わりに劇団員たちで場当たりをし、この日は終了。

宮原コミュニティセンター側でもチラシを作成していただき、準備は万端!

本番の様子は次のブログで!!






閲覧数:12回0件のコメント
ロゴA.png