2021年を振り返ってみよ〜う2

はいどうも、ゆっきーです。

振り返り後半戦へと参りましょう!

6〜10月、里山の次は本格的に山!

西川バウム合同会社さんが参加している「飯能市エコツアー」のプログラムにお声がけいただき、「セロ唄いのゴーシュ」を上演しました。

7月にプレ公演を行い、暑さ対策が必要だとか、日差しがやばいだとか、小道具が熱で曲がるだとか・・・諸々確認をした後、10月にいよいよ本番。

残暑ではありましたが、山の中は気持ち良い風が通り抜ける素敵な公演となりました。山はいいぞ!


10月、LGBT講座関係で以前お世話になったあっきーよりお声がけいただき、大学の授業で使用する動画を撮影&提供しました。

「悲喜劇 佐藤鈴木田中高橋」ダイバーシティ推進のために、会社規定の改定を議題に会議をする総務部の面々。そもそも多様性ってなに?受け入れるってなに?

見た後に誰かと話したくなる、そのきっかけとなる作品です。

10月〜12月は「きつねのおきゃくさま」を毎週のように公演しました。

一度は頓挫したかのように思えた作品が息を吹き返して、すごい速度で成長していきました。あれよあれよと公演場所が決まり、気づけば毎週本番?!

・10月24日(日)美園ママルシェ、浦和美園駅近くにて

・翌週10月30日(土)はっこう村にて

・さらに翌週11月6日(土)『グリーンフェスティバル』にて、クリスタルボウル✖️朗読と、舞台「きつね〜」の2演目

今まで毎月本番はあれど、毎週本番などあっただろうか。とても楽しい充実した公演でした。


11月26日(金)チビゲキキャラバン「映画 ちょうふく山の山姥」試写会。

昨年撮影した映画がいよいよ形になってきました。神保町にある「ブックハウスカフェ」にて試写会を開催。

12月12日(日)本上映会を行いました。

全3回上映で、毎回ほぼ満席にて多くのお客様に見ていただけました。

上演後はキャストが作品の役として登壇。映画からそのまま出て来たかのようで、お客様にも楽しんでいただけました。

ゆっきーも1年ぶりにばあちゃんメイク出来て楽しかったですw

翌週12月19日(日)にはマーブルテラスにて、読み聞かせ✖️芝居「きつねのおきゃくさま」を上演しました。

カフェテラスをお借りして、定員8名のミニ公演。舞台版とはガラッと変わり、コンパクトだけどぎゅぎゅっと面白さを詰め込んだ作品となりました。

お土産にクッキーをプレゼントさせていただきましたが、上演が始まる前にはほとんどの子ども達が食べ終わってましたw

終わった後は店内でそのままランチも出来るので、芸術に触れつつまったりしたい方にカフェ公演はオススメです。



いや〜、年明けは何も決まってなかったのに、振り返ってみるとあっちこっちで公演できましたねぇ!

劇団TQはいつでもどこでも、呼んでくれたら公演しに行きます!

来年はもっと皆さんとお会いできる機会が増えるといいな。

それでは皆様、良いお年を~♪

閲覧数:42回0件のコメント
ロゴA.png