寄付チケはじめました。


ご無沙汰しております!

劇団サードクォーター・制作部の山口です。

前回の公演からはや3ヶ月。次の公演に向けて我々も稽古に励みます。


次回公演のチケットのご案内は当劇団HPにて案内しておりますが、皆様の思いから新たに生まれた【寄付チケ】も合わせてご紹介いたします。


①【寄付チケ】はじめました!

劇団サードクォーター、チビゲキ3年目の試みとして、このたび【寄付チケ】はじめました!!!

https://tqtqtq.stores.jp/items/5cdf3e7c0376c66fb0b64675

チビゲキも3年目になり、いろんな声をいただきます。


「都合が悪いから行けないんだけど、子どもたちの為に何かしたいな…」

「子どもの席を圧迫しちゃうから、大人は行きづらいな…」

「理由なんかないけども、何か手伝いたい!」(実はこれが一番多いかも)


寄付チケは、そんな優しい想いを受けとりたい、そして子どもたちに還元していきたい!と思い、今回ペイフォワードの概念をもとに、こんなチケットをご用意いたしました。



②寄付チケとは?

自分が観るためのチケットではありません。他の誰かが次にお芝居を見るための、チケットになります。


アメリカでこんなことがあった、というニュースを最近みました。

スタバで次の人に奢る。

すると、次の人も次の次の人に奢る。

さらに、次の次の人も、次の次の次の人に奢り、これが連鎖してずーーっと続いたそうです。


しかしながら、何も最近はじまったわけではないそうで……古くは日本の江戸時代からこの慣習はあったようです。

現代では、ニュースになるほど珍しいことかもしれません。しかし寄付チケ販売開始直後から、購入してくださる方がおられ、江戸時代だとか現代だとか関係なく「恩贈り」の精神を持った方がいらっしゃるのだなと、心が温まりました。


寄付チケの使い道といたしまして…

1)お芝居の質の向上
2)舞台の映像化→劇場に来られない子どもたちへ提供
3)チビゲキの出前公演→さいたま市以外の別の地域での公演

を、考えております。

いずれも、【誰か】が、お芝居を楽しめる為に使わせていただきます。

あなたの想いを次に繋げていきたいと思います。



③チビゲキのはじまりと我々の想い

チビゲキはもともと、親子で肩身を狭くしないで、気楽にお芝居が観られるような公演を作りたい!という思いから始まりました。

映画にせよ、お芝居にせよ「子どもが泣いたら迷惑がかかる」とか「子どもが飽きたら途中で抜けられるのかな」とか、いろんな心配や周囲への配慮もあり、心ある子育て中のパパママの足は劇場から遠退いてしまいます。


でも、ですよ。

もし、それらの心配がなくて、お芝居が観られる場所があるならば………どうでしょうか。


https://kodomo-manabi-labo.net/engeki-kansho


こちらのサイトでは、お芝居が子どもたちにもたらす効果について書かれておりますが、まさに我々が演劇をおすすめしたい理由です。

親子で観劇して、親子で感想を言いあって、親子で場共有できる。それは、とっても素敵なことだと思います。

我々は、その場所と空間を提供できるよう、日々稽古に励んでおります。



寄付チケットは今回はじめての試みです。

皆様のお気持ち、熱い想いをお待ちしております!!

特定非営利活動法人劇団サードクォーター事務局

〒336-0035

埼玉県さいたま市南区松本2-10-2

Tel:048-837-6932  fax:048-699-5249

営業時間:土日祝 9:00~13:00  

MAIL: tqtqtq_mame@yahoo.co.jp  

http://www.tqtqtq.org/