特定非営利活動法人劇団サードクォーター事務局

〒336-0035

埼玉県さいたま市南区松本2-10-2

Tel:048-837-6932  fax:048-699-5249

営業時間:金曜 9:00~18:00 土日祝 9:00~13:00  

MAIL: tqtqtq_mame@yahoo.co.jp  http://www.tqtqtq.org/

特定非営利活動法人劇団サードクォーターとは・・・
埼玉県さいたま市を拠点に演劇の上演、教育機関への表現指導、
演劇を通して表現方法を学ぶワークショップを行う地元密着劇団。
「演劇で地元を豊かにするプロジェクト」と称して、
「観る(演劇上演)」
「体験する(ワークショップ開催)」
「次世代育成のお手伝い(幼稚園公演)」
「地元貢献(地元イベント参加)」
という4つの活動を行う。
1990年の創立以降開催している公演は40回を超え、総勢14名の劇団員が、
現代劇や朗読劇、民話劇を中心に、心を豊かにする上質な作品を上演している。

​設立趣旨書

私たち劇団サードクォーターは、さいたま市を拠点として、多くの皆様により良い舞台芸術に触れて頂く機会を提供すると共に、

次世代を担う子供たちに向けた演劇体験を広く提供することで、芸術の振興、子どもの健全育成に寄与することを目的とします。

私たちの劇団員にも家族を持つものが増え、子供にはいい環境、いい教育と考えるのが親心。

しかし、見回すと多くの保育園では劇団を呼ぶ予算はなく、演劇を観る機会がない子供たちがたくさんいます。

また、親の貧困などから芸術に触れる機会のない子供もたくさんいます。

 

私たちは、こうした子ども達に演劇に触れる機会を提供するために、

「演劇で地元を豊かにするプロジェクト」と称して、

「観る(演劇上演)」

「体験する(ワークショップ開催)」

「次世代育成のお手伝い(幼稚園・保育園公演)」

「地元の繋がり(地元イベントでの上演)」という4つの活動を行っていきます。

また、子どもに限らず、チケット料金を安価に抑えることで、

今まで演劇に触れる機会の少なかった方々に対しても演劇に触れる機会を創出いたします。

劇団旗揚げより25年の節目に、これまでの経験を生かして責任ある組織体制へと移行するためには、

NPO法人化が不可欠であると考えています。さいたま市から全国へより一層多くの方々のご理解ご協力を賜りながら、

更なる社会貢献可能な団体になるべく、法人格を取得して飛躍をしていきたいと思います。

2016年6月1日NPO法人発足

会員

(1)正会員

年会費  個人3千円 / 団体 1万円

 

(2)賛助会員

入会金 個人 3千円 / 団体 1万円

年会費 個人 3千円(1口以上) / 団体 1万円(1口以上)

申込はこちらから

 

 

 

1990年5月10日発足

1990年8月 第一回公演上演

1997年 外部指導開始 加須市市民劇団KAZO(継続中)

2000年~2002年 加須市男女共同参画事業 朗読劇演出・出演

2003年 福島県いわき市小学生教員のためのワークショップ開催

2004年 埼玉県加須市生涯学習課主催小学生向けのワークショップ開催

2008年 埼玉県三郷市戸ヶ崎幼稚園表現指導開始(次世代育成事業)(継続中)

2012年 埼玉県加須市生涯学習課主催市民大学演劇セミナー開催

2014年 「演劇で地元を豊かにするプロジェクト」開始

田中正造翁没後百年顕彰記念公演 「田中正造 草魂~いのちを繋げ~」

2015年 朗読劇ワークショップ開催(さいたま市浦和区)

戦後70年・創立二十五年周年記念・第三十五回公演「昭和の絵本」上演

おおかんだきよし

代表理事 大神田潔

さとみあんず

制作総指揮 聡美杏

演劇で地元を豊かにするプロジェクト

東京を中心に活動をしてきましたが、子供の誕生を機に、子育てを通して地元に目を向ける事が多くなりました。

その時期に東日本大震災が起き、そこで考えました。

私たちが住んでいるこの場所を演劇で豊かにすることは出来ないかと。
 

2014年より「演劇で地元を豊かにするプロジェクト4本の柱」(観る・体験する・次世代育成のお手伝い・地元の繋がり)と称して、

20代〜50代からなる団員がさいたま市を拠点に、現代劇、朗読劇、幼稚園公演、子供たちへの表現指導などの活動を続けています。


【創立】1990年5月10日
 

【構成メンバー】代表1名、副代表1名、団員12名(男性7名、女性7名)

  50代1名、40代3名、30代3名、20代7名 (2016年9月現在)
 

【会費】/月10,000円
 

【主な活動(練習)場所、回数】
  さいたま市を主として、週3日間程度練習を行う。

■観る

心を豊かにするお手伝い、上質な作品をお届けします。
現代劇、朗読劇、民話劇、幼稚園公演を中心に年間4~6本作品を上演しています。

 

実績
2014年4月 「田中正造 草魂~いのちを繋げ~」北川辺・学習センターみのり
2014年10月「きつねのおきゃくさま」戸ヶ崎幼稚園公園
2014年11月「田中正造 草魂~いのちを繋げ~」彩の国さいたま芸術劇場
2015年1月 「三匹のやぎのがらがらどん」さくら保育園西浦和ルーム公演

2015年6月 「昭和の絵本」

■体験する

 

コミュニケーションの基本「伝える」「受け取る」を演劇を通して学べます。

実績

2000~2002年  埼玉県加須市生涯学習課の
         男女共同参画社会創作朗読劇に演出・出演
2004年9月    埼玉県加須市生涯学習課児童演劇ワークショップ
         「スイミー」公演(演出・指導)
2012年8月・9月 埼玉県加須市生涯学習課主催 演劇ワークショップ講師
2014年4月・11月「草魂 田中正造~いのちを繋げ~」公募にて市民も出演
2015年6月         「昭和の絵本」公募にて市民も出演

■次世代育成のお手伝い

 

幼稚園や保育園、教育現場での公演・表現指導を行っています。

 

実績
2009年1月~  埼玉県三郷市戸ヶ崎幼稚園 表現指導継続中
2014年10月 「きつねのおきゃくさま」戸ヶ崎幼稚園公演

2015年12月 「昭和の絵本」埼玉県立初雁高等学校芸術鑑賞会
2015年1月   「三匹のやぎのがらがらどん」さくら保育園西浦和ルーム公演

2017年8月  ~地元で気軽に気兼ねなく~0歳児からの音楽劇

       「11ぴきのネコ」浦和コミュニティセンター

■地元との繋がり

 

いろいろな地元イベントでの上演をしています。

 

実績
2015年2月  「演劇体験 俳優と一緒に台本を読もう」
        第3回コムナーレフェスティバル

2016年3月  「さるかに合戦」第4回コムナーレフェスティバル 

2016年10月  朗読劇「田中正造 草魂~いのちを繋げ~」さいたまトリエンナーレ2016 
        市民プロジェクトさいたま演劇フェスティバル朗読部門 プラザイースト

2017年3月  「長靴を履いたネコ」浦和コミセンまつり

■業務内容

 

【舞台 部門】

  ○舞台の企画・製作

  ○学校・幼稚園・保育園公演の舞台制作

  ○舞台美術デザイン

  ○大道具レンタル


【役者・声優 部門】

  ○俳優養成・ワークショップの開催

  ○ナレーション紹介 (映像各種) 

  ○役者紹介 (公演・映像各種)

 

【作家・演出家 部門】 

  ○作家・演出家の紹介・派遣

  ○脚本・シナリオ執筆


【セミナー・ワークショップ 部門】 

  ○養成所講師の派遣・授業コーディネート(表現法・話し方・舞台制作)

   ※プロダクション新人の育成  ※企業内の話し方・表現セミナー開催 


上記記載の内容にかかわらず、何でもご相談下さい。

また、制作会社の方は、エキストラ要請、オーディション情報がございましたら、お気軽に詳細をお寄せ下さい。

        

 ★学校公演のご依頼は、お気軽にメール下さい。
 

劇団サードクォーターの名前の由来

 すべては「1」から始まる

その小さな物語空間を4つに分けたとする

ひとつ 脚本

ふたつ 役者

みっつ 裏方

そこで気づくのだ

我々はどんなに努力しても4ぶんの3しか揃わない事を

最後のよっつめは 観客

あなたの4ぶんの1が存在しなければ「1」になれない

だからいつも我々は「4ぶんの3」

そう『サードクォーター』なのだ