top of page

さいたま市市民活動サポートセンターフェスティバル

更新日:2023年3月10日

皆さまこんにちは!劇団員のゆっきーです。

早くも3月。年度末。三寒四温な日々が続いていますね。

(花粉がつらい季節になってきましたね・・・)

3月一発目の本番は、

3/4(土)「さいたま市市民活動サポートセンターフェスティバル」に参加してきました。

今回は劇団員がお芝居をやるのではなく、

昨年の宮原コミュニティセンター演劇ワークショップに参加してくれた子ども達が再集結し、キッズ公演として「ブレーメンの音楽隊」を再演してもらいました。



昨年8月の発表会から半年・・・、稽古も3回で本番となった今回のサポフェス。

半年経ってセリフ忘れているよな~、と思っていたらみんな意外と覚えてる!

動きは、会場が夏の時とはサイズが違うので動線付け直しだったのですが、夏休みにやったベースを覚えているのでスイスイ覚えて動いてくれました。

演出からもここまで動けるなら、これを足してもっと良くしようとどんどん手が加わっていきます。

1・2回と練習して、3回目は当日の午前中に。

本番直前にしっかり動きを確認して、いざ本番。

会場に入り控室からステージ裏に移動すると、それまでワイワイ騒いでいた子ども達も緊張した様子でソワソワしていました。

低学年の子たちはいつも通り?かと思いきや、やはりどこかソワソワして落ち着かない様子。

子ども達の中に唯一役者として入ったゆっきーさん、ほほ笑ましくて仕方がありませんでしたね(笑)

今回は昨年にネコ役で参加した子だけ日程が合わず、代わりにばあさんネコ役として入らせてもらいました。

一緒に練習していたのに、一部の子ども達にはただ代役でやっていると思われていたようで・・・

「あの子、練習一回も来てないのに本番大丈夫?」と劇団員に聞いていました。

ごめんね・・・本役なんだ(笑)

夏休みに共に頑張った仲間だもんね。一緒にやりたかったんだよね。

昨年の思い出がそれだけ心に残っているようで嬉しかったです。

無事に本番も終わり、控室に帰って来た子ども達。

口々に「緊張した~!」「楽しかった~!」と言いながら、キラキラした顔を見せてくれました。

昨年の発表会を見て、1度だけの本番はもったいないほどみんな輝いていて、ずっとまたどこかで出来ないか探していました。


「さいたま市市民活動サポートセンターフェスティバル」にて再集結・再演できてとても良かったです。

子供たちにとって大きな経験になりました!と言ってくださる親御さんのご理解・ご協力あってのプロジェクトでした。


この作品は今回でひと段落となりますが、

今年は劇団で子供向け、大人向けワークショップを企画していく予定です。

今回のメンバーもまた参加してくれたら嬉しいし、新しい仲間とも出会えたら嬉しいですね!今から楽しみです。

詳細が決まりましたら、随時お知らせしていく予定です。続報をお待ちください。



ブレーメンの音楽隊のみんな、参加してくれてありがとう!

またお会いしましょう☺️✨




本番の様子はこちら。



最新記事

すべて表示

Comentários


ロゴA.png
bottom of page