みやはら演劇フェス!キッズWS!

更新日:6月6日

みなさん こんにちは。

劇団員の吉田靖葉(よしだ やすは)です。

少しずつ夏らしくなってきましたが、みなさんバテていませんか?

夏と言えば 夏休み!!!

大人でも夏休みって聞くと心が踊りません?

学生時代は浮かれて随分前から予定を入れまくっていました。

そう、テンションあがってる夏だから!

新しいことをはじめてみるのもいいタイミング!

ということで今年のサードクォーターは

【夏休み】に【小学生向け】の【表現ワークショップ】

を行うことに決まりました!!!(拍手)

宮原コミュニティセンターさんからお声かけを頂き、開催する運びとなりましたーっ

大変有難く思っております。私たちもワクワクしてます。

ワークショップの概要はこんな感じです。

■スケジュール

2022/7/24、30、31、8/6、7、11、20、21、27

9:00~12:00

発表会 8/28(日) 多目的ホールにて

合計 10回

■内容

全10回のワークショップを楽しみながら、参加者皆で作品を作る。

最終日にはプロのスタッフの下、多目的ホールのステージで発表会を行う。

■ねらい

皆で1つのものを作ることによる協同性を育む。

自分の思いを感じる、表現・体現する、伝える。

相手の思いを感じる、受け取る、受け入れる。

個人的な思いとしては

誰かが輝くのは、自分がいるからってことに気づいて貰えたら嬉しい!その逆も然り。

あなたはあなたで十分素敵なのです。

お申込は宮原コミュニティセンターまで

TEL)048-653-8558

さてさて。

夏休みワークショップの前哨戦として、体験版を5/21に実施して参りました。



その名も!

みやはら演劇フェス

その前に「ちょうふく山のやまんば」の上映会も行ってきました🙂



参加者は小学生2名。時間は45分ほど。

最初は少しモジモジした様子でお母さんと一緒に入ってきて、声も控えめでした。

ちょっと緊張してたのかな?

まずはじめに、

「カラダを動かしましょう!」ということで、座長のオリジナル振付をまねっこ。

足を使ったり、腕を使ったり、、音楽とリズムに乗って~繰り返すこと数回。

「間違えちゃった」「できた!」「あれ?さっきと違った?」など2人から言葉が飛んできたり、笑顔がやってきました!

カラダを温めてから自己紹介。

最初は声が小さかったけど、気付けば少し高いトーンで大きな声に◎いいね~✌️

ここからは

座長からのお題に沿って身体を使って表情してみることに。

・3歩目で知らないところに入ってしまった

・相手から貰った大きさの「こんにちは」を返す

・投げ縄を投げて、引っかかってしまった

・歩いてたら前から「何か」来る

 ⇒「何か」を避ける

 ⇒「何か」を避けたのに後ろから来る

・歩いてたら小銭を見つけて、わからないように持って帰る

などなど。

重ねるにつれ、2人のエネルギーが高まっていく様子がよく分かりました。ライバルかな?ってくらいにメラメラしていました。イイネ!

2人とも座長がやっていることをしっかり観察し、自分の番になるとしっかり再現して自分のものにしてました。。。スゴすぎ。。。

「次、どうぞ」と声掛けしなくても自発的に動くようになり、相手の発表もきっちり見届け、受け止めて、自分の蓄えにする。やろうと思ってもできないことですよね。

2人はどんどん吸収して、45分後のピッカピカした表情は素晴らしいものでした。拍手!!

最初はあんまり挨拶してくれなかったのに~

最後はバイバイ!って言ってくれて、とても嬉しかったです笑

子どもたちの余白、自由さが光った1日だったのかなーと思いました。

宮原コミュニティセンター 荒井館長様からのコメント

「ワークショップを拝見していましたが、子どもたちの様子が変わっていく様は見応えがあり、感動しました。子どもたちの可能性を感じずに居られません。とても生き生きとした様子で楽しんでいただけた事を嬉しく感じております。」

新しい試みに協働してくださり私たちも喜びに満ちてます。まだまだ募集中!

是非 夏休みにお芝居体験してみませんか??

宮原コミュニティセンターにてご参加お待ちしておりますm(_ _)m

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示
ロゴA.png