top of page

土曜チャレンジ in 上小小学校

更新日:2023年6月26日

みなさん、こんにちは。劇団員の鈴木潤です。


6月は第3週まで本番続きだった劇団サードクォーター。

6月17日(土)は、さいたま市立上小小学校の土曜チャレンジに参加させていただきました!


土曜チャレンジとは

さいたま市が実施しているチャレンジスクール推進事業の一つ。

土曜日や放課後等に学校の教室等を活用して、より多くのより幅広い層の地域住民、団体等の参画を得て、地域と学校が連携・協働して、子どもたちの自主的な学習やスポーツ、文化活動、地域住民との交流活動等の多様な活動を実施することにより、地域社会の中で、子どもたちを心豊かで健やかにはぐくむことを目的として実施しています。


劇団サードクォーターは今までもいくつかの小学校の土曜チャレンジで表現ワークショップを実施させていただきました。

今回は大宮区の上小小学校におじゃまさせていただきました。


前半は今年いろいろな場所で上演させていただいている『癖』を上演させていただきました。

シンプルでコミカルなお話ゆえ、しかも舞台と客席が地続きで相手は小学生。楽しんでもらえるところに役者側が届いているか心配な部分もありましたが、参加している子たちはみんな、集中して観てくれていました。しっかり笑いどころも伝わっていた様子!


休憩をはさんで後半は劇中の小道具・麦わら帽子を使って子供たちに表現体験をしてもらいました。

『癖』の劇中で麦わら帽子を被ると周りから見えなくなります。

子供たちに麦わら帽子を被ってもらい、すると周りから見えなくなる!というのを劇団員と一緒に体験してもらいました。

誰かが麦わら帽子を被ると、他の子たちもどんどん体験しようと積極的になっていきました。


ワークショップ後には子供たちに好きなキャラクターや感想を書いてもらいました。

みんな思い思いに書いてくれました!


登場人物全員を描いてくれた子もいれば、一人の人物を丁寧に描いてくれた子も!


……あれ?こんな登場人物いたかな?(笑)

最後は全員と順番にハイタッチでお別れ!


全体を通して子供たちは楽しんでくれていたようでよかった!

今回の体験を通して表現や演劇への興味を持ってもらえていたら幸いです。


劇団サードクォーターは10月にも別の小学校の土曜チャレンジに参加予定。

土曜チャレンジに限らず、「こんなところで上演してもらいたい」「こんなワークショップを子供向けにお願いします」などなど。ご希望があれば是非ご連絡ください。

劇団サードクォーターはどこへでも向かいますよ!

ご連絡、お待ちしております!!



最新記事

すべて表示

Comments


ロゴA.png
bottom of page